topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗癌剤治療4回目 - 2010.04.03 Sat

活字ばかり&治療メモなのでスルーしてください

●H22.4.2   11時20分頃に動物病院着。 体重7.95キロ(3/27より-100g)

CIMG5412_convert_20100402234546.jpg


術創の赤みは前回と変わらず(私は少し引いてるように見えたけど)。
そして私の塗り薬の塗る量が多かったみたい。
せっかく術創に毛がかすかにはえてきているから塗り薬は中止。

右目頭と右口元がおかしいと伝えるとアレルギー症状の反応。
かなり以前にもサメ肌と言われたことがあるし、今回もサメ肌と言われた。

前回の抗癌剤から3週間経過。術創が赤いけど、そろそろした方がいいから
今回することに・・・。
いつもは2時間後にお迎えでいいけど
今回は院長先生が手術も入っているため18時に迎えに来てほしいと。

診察台のルルは、置いていかれるのが分かるかのように私にひっついてくる。
ごめんね、ごめんね、頑張ってね・・・。ってしか言えない私。
今回は6時間、病院にいることになるから辛い。
頑張れ・ごめんねって、車の中でその言葉ばかりが頭の中でグルグル回ってる。





18時に病院へ行くと受付の方から、
「院長先生まだ手術中なのでもう少し待ってて下さい」と言われ
診察室に呼ばれたのが19時。(1時間待ち。手術だから仕方がない)
私を見たら診察台から落ちそうな勢いで喜ぶルル・・・。
一人で7時間位病院にいたことになるから、
頑張って耐えてくれてるって思うと胸が苦しくなる(毎回同じ思い)

今回の抗癌剤は1回目と同じ背中に打つ注射。

今回も肝臓値のGPTとALPの値がすごすぎる(GOTは正常値)
麻布大腫瘍科のK先生に電話で聞いてくれた院長先生。
肝臓値アップで考えられるのはステロイドの反応によるステロイド性肝炎か、
もう1つ・・・(以前にも言われたことが有)
       
ステロイド性肝炎ならステロイドを0にすればって思うけど
それは出来ないらしい。
ステロイドの量を10mg→5mgに変更して肝臓の様子を見てみる。

4月11日に麻布大腫瘍科のK先生が見えるから、再び診察してもらうことに。

●治療費22,050円(再診840・血液検査4200・抗癌剤12600・内容薬7日分4,410)
      


受付で薬の説明を聞いていた時に、突如すごい声のガウガウガウガウ・・・。
ヘッ!?・・・ってビックリして見るとルルがシュナウザーに一方的に攻撃をされていて・・・。
ルルはそのシュナウザーに何もしていない、後ずさりをしているのみ。
シュナウザーの飼い主さん、リードが手からはずれてしまったらしい。
ルル、怪我しなくてよかった。
今回の病院は長い時間の拘束と散々な目に合ってしまった。



家に戻るとルルがオットを見て遠吠え。
でもいつもと違う遠吠えで・・・。
その声が悲しそうで、「ルルもうイヤ」って言ってるかのような叫びにも聞こえて・・・。
ルル、辛い思いばかりだね。ごめんね・・・。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

う~・・・
ルルちゃん、えらいよえらすぎる!!
人間だって、病院に6時間はキツイもの!!
そして、ルルちゃんを置いて行かねばならない
グミさんの気持ちを思うとこれもまた辛いです・・。
病気治療ってことを考えると
仕方ない・・・のかもだけど
もっと、負担を少なくできる治療法or対処法みたいのは
ないのかしら・・・?

がんばったね・・・

ルルちゃん、ひとりで病院、ホントに偉かった(号泣)
その上、シュナウザーにガウられちゃったなんて。
動物病院では、飼い主さんはもっともっと慎重にならなくちゃ。
闘病してる子が、がんばれなくなっちゃうもん。
ルルちゃん、泣かないで。
治して元気になるためだからね・・・

グミさん、だいじょうぶ??
つらいね・・・どうかどうか、がんばって。

ハママさんへ
今回は手術が重なってたみたいで病院での拘束時間が
長くなってしまいホントに可哀想でした。
病院はルルだけが治療している訳ではないので
ワガママを言えないんですよね。
対処法・・・。
せめて待ち時間だけでも負担を少なくして欲しいんですよね。
掛り付け医は普通の動物病院なので
診察は予約制とかではないので・・・。
院長先生のみ予約制とかにしてくれたらいいのに・・・。
自己中な考えですよね(笑)

健斗君のお母さんへ
ありがとうございます♪ 私は大丈夫ですよ~。
病院へ行くと凹むことばかりですけど
ルルが一番頑張ってくれているので
私も頑張らなくては!!です。
今回はシュナウザーにからまれてビックリしました。
通院していて思ったことが、ノーリードで待合室にいる
飼い主さんが結構いるのです(だいたい犬は膝の上に座ってますけどね)
シュナウザーみたいにリードが手からはずれて攻撃されたら
どうするんだろうって思ってしまいます。
ホントに飼い主さんは、慎重にしてもらわないと困りますね。

お疲れさまでした。

ルルちゃんもグミさんもよく頑張りましたね。
病院に置いて行かれる方も、置いて行く方も辛いもの…
最後にシュナウザーにまで唸られちゃって。
(実は私も数年前ミッチーが最悪の調子の時、待合室で
リードが離れたシュナウザーに吠えられたこと有り。)
おウチに帰ったら文句の一つや二つも言いたくなりますね。
でも、やはり治療は必要な事。
辛いけどこれからも頑張ってください。

Michyさんへ
病院はワンコも人間も疲れますよね・・・。
今回の病院は散々でした。
リードが離れるのは、わざとではないだろうけど
猫だっているし、もっと慎重になって欲しいですよね。
ただでさえ病院で神経質になってるのに・・・。

お互いに頑張りましょうね!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamadiet.blog78.fc2.com/tb.php/72-20dcdbf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お花見!? ルル見!? «  | BLOG TOP |  » チューリップ

プロフィール

グミ

Author:グミ
ルルのママ。
気まぐれ更新ですが気軽にコメント頂けると嬉しいです♪
ルルの元気な姿を紹介出来たらって思ってます^^

ルル:柴犬 
2006年3月1日 ♀ 7歳
少し頑固で素っ気ない所もいっぱい。
おまけに散歩嫌いのインドア派☆お家が大好き!
3歳10ヶ月の時に肥満細胞腫(悪性腫瘍)と告知され1年以上闘病してきた頑張りワンコです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ルルの日常 (409)
肥満細胞腫 (38)
動物病院記録 (10)
お出かけ (34)
登山 (3)
未分類 (1)
グミ (2)
きれい☆きれい (1)
ワン友さん (13)

ルルの人年齢

ブログ村柴犬☆こっそりと参加中♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。