topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腫瘍科の先生に受診 - 2010.09.25 Sat

こんにちは。
CIMG1874.jpg




昨日(9/24)は掛りつけ医に月に1度、麻布大学腫瘍科のK先生が見える日
だったので診てもらいました。

CIMG1935.jpg


手術痕と喉辺りを触診してもらい、エコーで肝臓と脾臓を診てもらった結果…。
(肥満細胞腫は皮膚に出来るものと内臓だと肝臓と脾臓に出来やすい悪性腫瘍)

    「肥満細胞腫に対しては大丈夫でしょう」とのお言葉。

うぅぅぅぅ~ぅ この言葉をどれだけ待ち望んだか…。
一時はホントに肝臓に転移しているのかもって恐怖と不安な日々でした。


今後の治療方針は2通り、飼い主の私たちが決めてくださいって言われました
  ①抗癌剤治療をやめてステロイド(副腎皮質ホルモン剤)のみで様子見するか
  ②ステロイド+4週に1度の抗癌剤治療を続けるか、
  オットと相談した結果、②の抗癌剤治療を続けることに決めました。
    7ヶ月経ったからって、ガンが出る子はいるって聞いているのと、
    抗癌剤治療は術後1年位まで。
    ルルの場合、術後1年だと後3.4回の我慢という理由からです。



そして、もう1つ気がかりな肝機能は…。
昨日は血液検査をしてないけど、今までの肝臓値を見て、
腫瘍科の先生も「う~ん…」って頭をかかえる感じでした。

今までは肥満細胞腫を出さないことを第一に考えてきてて
肝臓に対しては「肝臓は強い臓器だから…」って言われてました。
肝臓値が高いのはガンが悪さをしているのではなくて肝機能障害で
他に問題があるのかもってことで…。
ガンを調べるなら針生検で分かるけど、肝機能障害の原因を調べるのは
CT(MRIかも!?)で診るしかないと言われました。
(掛りつけの病院はCTやMRIの設備はありません)
何が原因なのか…。

CIMG1932.jpg
           

肝臓値が高すぎて心配・不安だけど、命にかかわるものでなく
時間がかかっても治せる病気なら私はいいって思ってます。
    (でも…。不思議と肝臓はきっと大丈夫!っ思うんです。
     少し前まではものすごく下がってくれてたし、痛みや苦しみがないので…。
     油断は禁物ですけどね)
    
CIMG1915.jpg


「これからも頑張ろうね、ワンコの底力をみせてやろうね、ルル



スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

こんばんは。
先生の「大丈夫」て言葉、待ち望むよね~
何だか気持ちわかるよ。
抗がん剤の治療も回数が減るようだから
ルルたん、本当によかったね。
点滴の間、いい子にしてて偉かったね。

はなも毎日お薬、目薬
がんばってるからね!
ルルたんも「ファイト!」

No title

エコーでの結果が良くてグミさんも一安心ですね。
私もうれしいです(^.^)
今後の治療もご夫婦で判断された抗癌剤治療も3~4回で終わるから
もう少し頑張ろうね。
うちのサブも最悪な状態から脱しました。

はなママさんへ
おはようございます。
「獣医腫瘍科認定医」の資格を持った獣医さんからの
「大丈夫」の言葉なので、ホッとしました。
肝臓が原因不明だから、心配ですけどね。

はなちゃんも頑張ってますね!
みんな頑張ってるから、めげてられないですね。

Re: No title

ぴぐっちさんへ
ありがとうございます。
いつもの担当医・院長先生はエコーをみると
「ギラギラしてるね…。」って毎回言われ不安におちいりました。
健康で正常な肝臓に比べるとっていう話しみたいですけどね。
今回は腫瘍を専門としている獣医さんからなのでホッとしました。

サブ君の最悪な状態の時は泣けてきちゃいました。
でも見事脱っしてくれましたね。
サブ君の底力でしょうか…。
サブ君、応援してるよ!

一つ、一つ…

乗り越えていっていただきたいです。
先ずは肥満細胞腫の方が大丈夫だろうとのこと、本当に
良かった!
念のためもうしばらく抗がん剤治療をつづけるのですね。
それもいい選択だと思います。
だけど肝臓の方に少し心配が残っているのね。
グミさんのお気持ちを考えると、本当に切なくなります。
せっかく一つの方はいい方向に向かっているのに…
でも、ルルちゃんはとっても強いコ!
ここまでこんなに頑張ってきたのですからね。
これからも一つ、一つ、心配事をクリアしていって、
その先に完治があると思います。
応援していますね。頑張って~!!

Michyさんへ
ホントに1つ1つ解決していけたらって思います!
あ…。肝臓のこと、切なかったですか!?
もちろん肝臓は不安はあるんですけどね…。
目元にハゲが出来てアカラスの疑いが会った時に
落ち込んでいた私に腫瘍科の先生が言ってくれた言葉が
 「悪性腫瘍は命にかかわる病気だけど
    治せる病気はヨシと考える&鼻くそみたいなもの」って。
どんな病気でも辛いけど、治せる病気ならヨシとするって考えると
気持ちが軽くなるというか…。 そう考えようって思ってるんですよ。
今は肝臓の原因が何か分かってない状態だから
治せるか治せない病気かは分からないんですけどね。

ミッチーちゃんも含めてみんな頑張ってますね!
ワンコのパワーを信じて頑張らないと!!ですね
私も応援してますよ~!お互いに頑張りましょーね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamadiet.blog78.fc2.com/tb.php/141-94074ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レアなもの «  | BLOG TOP |  » 小登山

プロフィール

グミ

Author:グミ
ルルのママ。
気まぐれ更新ですが気軽にコメント頂けると嬉しいです♪
ルルの元気な姿を紹介出来たらって思ってます^^

ルル:柴犬 
2006年3月1日 ♀ 7歳
少し頑固で素っ気ない所もいっぱい。
おまけに散歩嫌いのインドア派☆お家が大好き!
3歳10ヶ月の時に肥満細胞腫(悪性腫瘍)と告知され1年以上闘病してきた頑張りワンコです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ルルの日常 (409)
肥満細胞腫 (38)
動物病院記録 (10)
お出かけ (34)
登山 (3)
未分類 (1)
グミ (2)
きれい☆きれい (1)
ワン友さん (13)

ルルの人年齢

ブログ村柴犬☆こっそりと参加中♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。